第1印象をよくする方法

TOP >  心に響く話し方 Q&A >  第1印象をよくする方法

心に響く話し方 Q&A

第1印象をよくする方法

 

 

 

自分の姿を客観視してください。

自分が話す姿をビデオなどに撮って

客観視したことありますか?

 

是非、一度観てください。

今はアイフォンやカメラなどでも

動画が簡単に撮影できます。

 

 

私もよく観ます。

先日私が長年やっている

一人芝居「鏡の法則」もDVDがあがってきて、

繰り返し見ました。

 

正直、自分もまだまだです。

しゃべりのテンポ・引きつけ方・立ち姿、

もう自分への課題がいっぱいです。

 

逆に「自分って、良いこと言うな~」と

自分のしゃべりに思わずほろっと

きたり、ゲラゲラ笑う事もあります。
 
どうぞ、自分を冷静に観て分析してください。

そして具体的に自分の課題を明記してください。

私は改善点のひとつに

「後姿が醜い」と、挙げました。

 

 
*次に「どうして後姿が醜いのか?」と、

原因を探ります。

 

私の場合、

・思いが強いと、あごが前に出る。

すると背中が丸くなる

・セミナーの場合、ボードに文字を書くとき

「しゃべりながら・書きながら」に夢中で、
背中まで意識がいっていない

 

 

*次に「ならばどうすればいいか?」

私の場合

・常に外を歩くときには背中を意識する

・お客様に、背中を向けるときには、腰にかかっているシャツを

しっかり伸ばす

・人の話を聞くときにも、のめり込み過ぎず、

背中で話を聞く意識を持ってみる
と、考えました。

そうしたら即実践です。

 

 

先日の企業研修でもかなり意識して

取り組んできました。

 

 

終了後、一人の社員さんから

「宮北さん、バレエか何かやっていますか?

立ち姿がすごく綺麗だったので…」と

声をかけられました。

嬉しかったですね~♪
しっかり現実を見つめ、

具体的に改善策を打ち出す。

 

そうやって、自分に磨きをかけてくださいね。

百聞は一見にしかずです!

Q&A 一覧へ

講座のご案内

初対面でも会話が弾む、コミュニケーションが取れるようになる話し方教室です。
グループレッスンと個別レッスンがございます。

  • 腹式・滑舌・緊張してお悩みの方 初級体験セミナー
  • 個々の悩みを解決、実践型個別レッスン 個別レッスン