ボキャブラリーの増やし方、印象に残る話しをしたい

TOP >  心に響く話し方 Q&A >  ボキャブラリーの増やし方、印象に残る話しをしたい

心に響く話し方 Q&A

ボキャブラリーの増やし方、印象に残る話しをしたい

 

 

「ボキャブラリーを増やそう!」

とはいうものの、ただ闇雲に増やしても

意味がありません。
相手の印象に残る、

ボキャブラリーを増やしましょう。

 

まず

『物・事柄に対して、そのものの意味を説明してみましょう』
 

要するに歴史やルーツを調べてみるのです。

よく私も研修の中で「笑顔のいわれ」をお話します。

ただ「笑顔で話しなさい!」と言うのではなく

 

「笑顔は体に溜まっている毒素を

吐き出すときの表情といわれているんだよ。

だから疲れているとき、

笑うと元気が出るんだよね」

 

という笑顔のルーツを話すと、

皆さん真剣に

取り組んでくださいます。

 

ブライダルの司会をやっていた頃、

よく新婦から

「ファーストバイト(ウェディングケーキの食べさせあい)をやりたい、

でも新郎が恥ずかしいから

やりたくないって言うんです」

と、ご相談を受けました。

 

確かに人前で「あ~ん」と

相手の口にケーキを運ぶのは恥ずかしい

という気持ちよくわかります。

 

そんな新郎に対して

「彼女が強くご希望されているのでやりましょ」と

申し上げたところで、

納得はされません。

 

そんな時、私はよく

「ウェディングケーキのルーツ」を

お話していました。
『一説によるとウェディングケーキは、

古くはヨーロッパ地方から

伝わっているそうです。

 

結婚する花婿花嫁にご祝儀として、

当時は大変貴重なものだった

「砂糖と小麦粉」を村人たちはプレゼントしました。

二人は、このいただいた2つで何か出来ないかと考えた結果、

できたものは大きなビスケットでした。

 

それが形を変えて

今のウエディングケーキになったとも

言われています。

 

ですからファーストバイト

(食べさせあい)も、

みんなからのお祝いの気持ちをまず、

新郎新婦が食するという意味につがながるんですね^^』

 

ここまで話すと、ほとんどの新郎が

「やります」と言って下さいます。

 

ルーツを話すことにより、

ファーストバイトの儀式に重みが出るんですね。

 

例えば、みなさんが扱っている商品・企画など、

そもそもの由来を

ちょっと調べてみてください。

意外に深い話が飛び出してくるかも

しれませんよ!

Q&A 一覧へ

講座のご案内

初対面でも会話が弾む、コミュニケーションが取れるようになる話し方教室です。
グループレッスンと個別レッスンがございます。

  • 腹式・滑舌・緊張してお悩みの方 初級体験セミナー
  • 個々の悩みを解決、実践型個別レッスン 個別レッスン