白畑 裕史(しらはた ひろし)

TOP >  講師紹介 >  白畑 裕史(しらはた ひろし)

講師紹介

東京本部

■言響(心に響く話し方)インストラクター
■特定非営利活動法人 日本交流分析協会 理事
■交流分析士インストラクター

白畑 裕史(しらはた ひろし)

首都圏の地方自治体で主に教育行政を担当。教員の採用や人事管理などを経験するなかで、組織と人を生かす心理学である交流分析に出会う。在職中から交流分析を学び活用し、退職後は日本交流分析協会理事に就任、広く交流分析の普及に努めている。

さらに、日頃の表現上の悩みから言響(心に響く話し方)に学び、宮北結僖氏の徹底指導の下、長年の弱みを解決。

現在は、言響個別レッスンを担当。「心が楽になれば話すことは楽になる」という言響メソッドと交流分析の二本柱で生徒さんの「心で感じる表現」を引き出す指導には定評がある。

人間関係やコミュニケーションに悩む方に向けて企業からの問い合わせも多数。

みなさまへメッセージ

言響(心に響く話し方)では、「言葉=心」言葉と心がいつも一致するようにと学んでいます。

何か大事な事を相手に伝えようとするときには、自分の心に気づき、相手の心を思いやり、そのうえでお互いが共通にイメージできる話し方が大切です。

言響で「心に響く話し方」の様々なことを学ぶなかで、大勢の前に出ると、とたんにうまく話せなくなった自分ですらも、今は楽しく話せるようになりました。

あなたも、いつでも、どんな状況でも、自分らしく話ができるようになります。

「心に響く話し方」一緒に学んでいきましょう!

 

 

 

講師一覧に戻る