話し方のプロっぽく聞こえる たった1つの方法

TOP >  心に響く話し方 Q&A >  話し方のプロっぽく聞こえる たった1つの方法

心に響く話し方 Q&A

話し方のプロっぽく聞こえる たった1つの方法

 

そのコツとは ずばり

『語尾』

なんです。

 

私は、語尾を聞けば、

この人は話すことの素人か玄人か

大体分かります。

 

一般の方は「~です」「~ます」など、

語尾まで神経がいかず

抜けてしまいます。

 

よく語尾が「~なんですう~」とか

「○○でえ~」とのびてしまっている方、

エレベーターガールのように

語尾をしゃくりあげてしまう方がいます。
ご本人は、それでリズムが取れるので、

とても気持ちよく話が出来るのですが

残念ながら相手の心には何一つ残りません。
『話をする時、語尾まで気を抜かず、

きちんと言いましょう』

 

 

それは「強く言う」ことではありません。

例えば「~です。」の「す」を言う時、

下っ腹にグッと力を入れます。

 

そして「す」の母音である

「う」は言わないこと。

 

感覚的に言えば「す」を

半分しか言わないということです。

 

すると、語尾が綺麗に収まります。

 

また、言葉が流れないので、

相手にしっかりと伝わります。

 

毎日のニュースを

しっかり伝えなくてはならない、

NHKアナウンサーの話し方を

よく聞いてみてください。

 

見事に語尾が

綺麗に収まっていますよ。

Q&A 一覧へ

講座のご案内

初対面でも会話が弾む、コミュニケーションが取れるようになる話し方教室です。
グループレッスンと個別レッスンがございます。

  • 腹式・滑舌・緊張してお悩みの方 初級体験セミナー
  • 個々の悩みを解決、実践型個別レッスン 個別レッスン