分かりにくい内容を伝える時、これを取り入れてみて!

TOP >  心に響く話し方 Q&A >  分かりにくい内容を伝える時、これを取り入れてみて!

心に響く話し方 Q&A

分かりにくい内容を伝える時、これを取り入れてみて!

 

説明がややこしかったり、
形にないものを人に説明することって、
難しいですよね。
そんな内容を、分かりやすく伝える手段の一つとして、
その分かりづらいものを

『キャラクター化』

してみましょう。

説明しにくいもの、
そのものに『人格』を与えるのです。
例えば、言響でもよく
「潜在意識」の話をします。

 

私はこの潜在意識を、
人間の体を形成する60兆の細胞として、

この60兆の細胞を
キャラクター化します。
『例えば、鏡を見て
「わ~私また太った…こんなにウェスト周りにお肉がついちゃた。
つまめるよ…どうしよう。。。」と、

腰周りの肉をつまみながらつぶやくと…。

60兆の細胞君は

「ご主人様は、腰周りに
3センチのお肉を希望されているぞ!
お肉くん集まれ~~
せーの!! 1、2、1、2、1、2」

となります。
人前で話す時
緊張しちゃう場合も同じこと。

ご主人である私たちが

「あ~どうしよう、
心臓が口から飛び出るくらい緊張してきた!」

なんて、具体的にイメージしようものなら、
60兆の細胞君は
「心臓くん、あと3倍、大きく、
激しく動いてくださ~い。

 

お助けマンとして手も足も
ガタガタ震えちゃってくださーい。

 

冷や汗くんもがんばって、だしちゃってくださーい!
せーの!! 1、2、1、2、1、2!」

となるわけ。

 

その後、ご主人様である我々が
「あ~あ、今日も手も足までガタガタ震えて、
すごく緊張しちゃたよ…」といえば、

 

60兆の細胞君は

「よし!、みんなよくがんばりました!
ご主人様のイメージ通り、緊張作業 大成功!
ばんざーい!ばんざーい!!」

 

と両手を挙げて喜んでいるわけです』
どうですか?

眼に見えない潜在意識を
キャラクター化して、

カギカッコで台詞を与えることにより、
わかりやすくなると思いませんか?

 

是非、おままごとの
「○○ごっこ」感覚で、
やってみてくださいね。

Q&A 一覧へ

講座のご案内

初対面でも会話が弾む、コミュニケーションが取れるようになる話し方教室です。
グループレッスンと個別レッスンがございます。

  • 腹式・滑舌・緊張してお悩みの方 初級体験セミナー
  • 個々の悩みを解決、実践型個別レッスン 個別レッスン