人前に立つと緊張してしまう人へ

TOP >  心に響く話し方 Q&A >  人前に立つと緊張してしまう人へ

心に響く話し方 Q&A

人前に立つと緊張してしまう人へ

 

人前に立ってから自分が想像していた状況と全く違っていて

緊張してしまうことがあります。

例えば「思っていた以上にし~んとしている」

「思っていた以上にみんな自分を見ている」などなど。
自分が話をする前に シュミレーションをしてみましょう。

その場に立って話をしている自分を 繰り返しイメージするのです。
特に、出だしの部分が大切です。

例えば

1.前に立ったら正面向く

2.大きく深呼吸してから

3.「みなさん、はじめまして。○○と申します」

4.次に紹介してくれた Aさんに向かってお礼

5.再び正面向いて「本日は~」

 

このように出だしの部分を、まるでダンスの振り付けのように動きを

しっかり、体に叩き込みます。
そして「これだけは伝えたい」という事を一言で言えるようにして

おきましょう。

出だしが、スムーズに自分のペースでいければ、あとはかなり楽にいけます。

 

 

Q&A 一覧へ

講座のご案内

初対面でも会話が弾む、コミュニケーションが取れるようになる話し方教室です。
グループレッスンと個別レッスンがございます。

  • 腹式・滑舌・緊張してお悩みの方 初級体験セミナー
  • 個々の悩みを解決、実践型個別レッスン 個別レッスン