人前で話すと、頭が真っ白になってしまいます。

TOP >  心に響く話し方 Q&A >  人前で話すと、頭が真っ白になってしまいます。

心に響く話し方 Q&A

人前で話すと、頭が真っ白になってしまいます。

 

人前で話していて頭が真っ白になってしまう。

これまで、そんな経験をされた方は多いかと思います。

 

頭が真っ白になる原因のひとつは

頭の中で話しの内容をイメージするスピードと、
話すスピードがあっていないからです。

 

緊張から焦りが生じ、どんどん早口になってしまう。

すると頭の中で考えているスピードが追いつかなくなります。

結果、伝えたいことが浮かばなくなり、頭が真っ白になる…

 

対策法として

●一文短くしましょう

「。」を多くして話してください。

すると「。」のたびに、あなた自身も一息つけますので次に考える余裕が生まれます。

 

●ゆっくり噛みしめるように話す

そうすれば、頭で考えるスピードが追いつきます。これは意識するしかありません。

原稿や演台など、あなたが見えるところに大きな文字で
「ゆっくり!」「かみしめるように!」と書いて、それを時々見ながら話してください。

 

以前は、私もすごく早口でした。進行表の上下に
「ゆっくり! ゆっくり!!ゆっくり!!!」と書いて、本番に臨んでいました。

また電話の前にも「ゆっくり話す!あせらない!」と 紙に書いて貼っていました。

 

それでも本番で頭が真っ白になったら

「ちょっと、飛んでしまったので失礼します」と素直に言って原稿を見てください。

原稿をお守りがわりに持っているだけでも、気分が全然違います。

真っ白になる時間が長くなればなるほど、あなたも周りの緊張感もグングンあがります。

また変に取り繕っても緊張感は高まります。

真っ白になっても「あれ?次、何をお伝えするのか忘れてしまいました」と
堂々と言うことにより、不思議なくらい落ち着きますよ。

 

メルマガ『言響通信』のご紹介

初対面でも会話が弾む、コミュニケーションが取れるポイントなど、すぐに使えるスキルが無料で手に入ります。毎回1日1分電車一駅分で読めるボリュームです。

こんな方にオススメです!
●周りの目が気になって、自分らしく話せない人
●自分軸をしっかり持ちたい人

Q&A 一覧へ

講座のご案内

初対面でも会話が弾む、コミュニケーションが取れるようになる話し方教室です。
グループレッスンと個別レッスンがございます。

  • 腹式・滑舌・緊張してお悩みの方 初級体験セミナー
  • 個々の悩みを解決、実践型個別レッスン 個別レッスン